ドイツの高齢者事情

ケアプランセンターほほえみ桜井谷 西田です。

Oberbilk Markt_U2

Oberbilk Markt_U2

5月にドイツのデュッセルドルフに行ってきました。初夏の心地よい風の吹く中、デュッセルドルフ中央駅から少し離れた所に建っている高齢者施設を数か所、外観程度ですが見ることができました。ほとんどが住宅地に建っていて、とても静かな雰囲気でした。

 

Alloheim-Senioren-Residenz5-300x168
Alloheim-Senioren-Residenz5

 

ドイツでは、社会保障の1つとして日本の介護保険が施行される5年前の1995年に介護保険が始まっていて、今のドイツの高齢者の暮らしの場としては、                  ○自宅に住み続ける(配偶者や子世帯と同居・一人暮らし)  ○高齢者用住居に入居する                    があります。

高齢者用住居は、すべて段差のないバリアフリー住宅で、住宅のみのもの・介護施設が併設されているもの・レストランや売店・銀行などもあるホテルのように豪華なものまで施設によって差があるそうです。

 

 

 

advitam Gesundheitszentrum9

advitam Gesundheitszentrum9

Senioren-Wohnpark2

Senioren-Wohnpark2

 施設のベランダにはきれいな花が飾られ、入り口では家族や知人の笑い声が聞こえていました。1階に大きなカフェがあって、施設の利用者以外の人も立ち寄れるようになっている施設もありました。

一方、街中ではお1人で歩行器を利用してスーパーや百貨店に買物に出かけている高齢者に数多く出会いました。段差の低い路面電車や段差の少ない道路など、配慮が行き届いている印象でした。

その人らしく自立した生活には、施設などの住環境に加え、道路や交通機関の事情も大きく関わるのだと気付いたドイツの旅でした。

 

 

 

季節の変わり目の体調不良を改善するには?

訪問看護ステーションの稲森です。

この時期特有の寒暖の差に対応できず寝込んでしまうことも少なくありません。もしかしたらあなたの生活習00354-450x337慣が関係しているかもしれません。

この時期体調を崩すのは自律神経の乱れが原因の場合が多いです。季節の変わり目には自律神経がフル回転して環境に体を合わせようと必死に働きます。朝晩は冷え込むのに日中に暑く感じる日もありそれが続くと自律神経が悲鳴を上げてしまうのです。

体調不良にならない対策として次のことに心がけましょう。

<3つのポイント>

①栄養バランスのとれた食事をとるsyokuji

②十分な睡眠をとる

③適度な運動をするimage

 

 

 

 

 

特に栄養については、たんぱく質が不足すると免疫機能が低下します。豆類や魚介類などのたんぱく質食品や、夏に多い緑黄色野菜を十分に摂取してください。

もちろん、季節の変わり目だけでなく、普段からの生活リズムを整えて体調管理に気をつけましょう。

 

毎年キレイに咲いています。

皆さまこんにちは!ヘルパーの栗島です。

本日は訪問介護を利用してくださっている、川北様のご紹介です。

 

川北様のお宅に伺うと、玄関先できれいに咲いているクジャクサボテンが目に入ります。

道行く人が「今年もきれいに咲いていますね」と声をかけてくださるそうです。
なんと30年間大切に育てられているとのこと。

キレイに咲かせる秘訣をお聞きすると、
・米のとぎ汁をあげること
・冬は寒さに弱いので、ビニールをかぶせる
・日当たりの良い場所に置くこと
なんだそうです。

 

年季が入った『洗濯板』『洗面器』
お嫁に来たときから使っているそうなので、なんと71年も大事に使用されています

隣の写真は嫁入り道具として持って来られた鏡台です。
毎朝きちんと身だしなみを整えられ、 元気に過ごしておられます。

 

川北さんのお家に訪問すると、 『おばあちゃんの家』に来たような感じで楽しくお仕事させていただいています!

 

介護予防センター6月の予定です

皆さまこんにちは。福祉サービス課の竹内です。

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
6月になりましたね。暑さの中にもじめじめとした湿気を感じるようになり、梅雨入りが間もなくだと感じる気候です。
水分・塩分補給は忘れずに、熱中症にはお気を付けください。

さて、介護予防センターで行われる予防教室・シルバーパワーアップ教室のご案内です。
じめじめ暑さを乗り越えるために、ぜひご活用いただければと思います。

p4

シルバーパワーアップ教室でのストレッチの様子

高川介護予防教室6月】 【高川シルバーパワーアップ教室6月

庄本ふれあい介護予防教室6月】 【庄本シルバーパワーアップ教室6月

皆さまのお越しをお待ちしております!

 

素敵なミュージックタイム♪

こんにちは。

デイサービスセンターふれあい高川の伊藤です。

5月17日(水)の午後より、毎月素敵な音楽ショーで楽しませてくださる、音楽ボランティアの矢野さんが来所されました。

image1

当日のプログラム内容はこちら♪

image2

どの曲も利用者の皆さんにとって馴染みのある曲ばかり!

image3

華麗なピアノの調べに・・・

image4

時には小道具を使って盛り上げたりと、利用者の皆さんを飽きさせないプログラム構成!!

image5

矢野さんのピアノに合わせて、青春時代を思い出しながら歌われる利用者のみなさん。2度のアンコールにも応えていただき、大盛り上がり!

初夏を感じさせる5月の昼下がり、素敵なミュージックタイムでお楽しみいただきました♪♪♪

救命講習を実施しました

こんにちは!ヘルパーの福本です。

私たちヘルパーステーションでは、
利用者の皆さまに安心してサービスを利用していただく為、
年3回、応急手当普及員の資格を取得した職員による「救命講習」を受け、
いざという時に、落ち着いて対応できるように準備をしています。

AEDの取り扱いを含めた、心肺蘇生や止血などの応急手当を、いつでも勇気を持って行えるように、応急手当を身に着ける必要があります。

応急手当普及員による心肺蘇生の講義

 

 

 

 

 

 

 

「心肺蘇生の手順」

反応の確認

呼びかけながら、軽く肩をたたいて反応をみる

 

 

 

反応がない(呼びかけても肩をたたいても返事がない事)

①助けを呼び、人を集める

②119番通報やAEDの手配を依頼するときに「そこの赤い服のお姉さん! 119番通報してください」などと具体的に指示をしてください。

呼吸を見る(胸やお腹の動きを見る)

胸骨圧迫

・普段通りの息をしていないときは、心臓が止まっているので、すぐに胸骨圧迫をはじめる。

気道の確保・人工呼吸

①鼻を軽くつまむ(人工呼吸のために吹き込んだ空気が鼻から漏れるのを防ぎます)

②息を吹き込む(空気が漏れないように自分の口を大きく開けて、傷病者の口を覆い1回あたり約1秒かけて傷病者の胸が軽く上がる程度吹き込みます。これを2回繰り返す)

傷病者が動き出す、普段通りの息をし始める、または救急隊などに引き継ぐまで続けてください。

AEDの使い方は、AEDの電源を入れると流れるAEDの音声メッセージに従えば、だれでも使用できます。

AEDの取り扱いを含めた、心肺蘇生や止血等の応急手当てを、
いつでも勇気を持って行えるようにするために、大切な講習です。

次回の救命講習は6月に行う予定です。
AEDの使用方法については7月のブログにて紹介いたします。

ケアプランセンター ほほえみです

ケアプランセンターほほえみの田中です。

 

CIMG1919

豊中市社会福祉協議会中豊島介護サービスセンター 「ソテツ」

5月連休を明けて、急に夏日が続いておりますが、熱中症対策は大丈夫ですか?

こまめな水分補給と部屋の風通しを良くしていただき、熱中症を予防していただきたいと思います。

 

 

 

今回は、情報提供をさせていただきます。

「臨時福祉給付金」の手続きが始まっています。

給付金対象者と思われる人に、4月より申請書が順次郵送されます。

金額は、給付対象者1人につき 15,000円。 

対象者は次の「1~4」全ての該当者です。

1.平成28年1月1日に豊中市の住民基本台帳に記載されていること

2.平成28年度の市民税が課税されていないこと

3.市民税が課税されている人の扶養親族でないこと

4.生活保護の被保護者等でないこと

申し込み期間は、平成29年4月10日から平成29年10月10日まで(必着)です。

給付対象の場合は、忘れずに手続きしてくださいね。

給付対象者と思われるが申請書が郵送されていない人や、この給付金の詳細は、豊中市役所の「豊中市臨時福祉給付金実施本部事務局」までご相談ください。

CIMG1918

中豊島介護サービスセンター駐輪場花壇のお花です。 地域のみなさまが育ててくださっています。

CIMG1917

いつもきれいなお花にほっとしています。地域のみなさま、ありがとうございます。

 

「大人だって、こどもの日は楽しい~!」

庄本介護予防センターの酒井です。

気が付けば、もう5月。

5月といえば「こどもの日」

 

「ふれあい介護予防教室」ではこどもの日にちなんで5月4日に「大人も楽しむこどもの日イベント」を開催しました!

はじまりの挨拶とともに担当の近藤が配ったものは・・・新聞紙!

昔は新聞紙で兜を折ったものですが、この頃はそのような遊びも少なくなってきました。

予防教室の皆さんには昔を思い出していただき、いざ兜づくりへ~♪

IMG_2945

みなさん・・・かなり必死です!

 

写真からも伝わってくるのではないでしょうか、この気迫!

IMG_2943

折り方を知っている方が、戸惑っておられる方のところへ行って手助けする姿や、

近くの方たちと相談して作られる姿、

 

みなさんのチームワークの良さ!!!
すっ、素晴らしすぎます・・・!!!!!
そうやっているうちに  完成~♪

 

ここからは写真撮影大会の始まりです♪
IMG_2965 IMG_2962IMG_2960IMG_2955
皆さん、いいお顔です~~~(^0^)♪

 

この後は、カラオケ大会で大いに盛り上がりました!

介護予防センター5月の予定です

田中美和作似顔絵森室長

 

皆さま、こんにちは。

事業経営室の森です。

 

 

 

5月になりましたね。
暦の上では夏になり、これからどんどん暑くなってまいります。
熱中症などには十分お気をつけください。

 

さて、ふれあい庄本とふれあい高川で開催しております介護予防教室の5月の予定です。

 

【ふれあい庄本介護予防教室5月予定】

 

 

p2

 

 
【ふれあい高川介護予防教室5月予定】

 

 

暑さに負けない身体づくりの第一歩として、ぜひご活用いただければと思います。
みなさまのお越しをお待ちしております!