♡介護予防センター9月の予定です♡

こんにちは、福祉サービス課の大島です。

陽ざしには、まだ夏の名残もありますが、日の長さも随分と短くなってきました。
9月の言葉に「野分」という言葉がありますが、秋の台風(古称)や強い風という意味があるようです。
昔から9月は台風や強い風が多いということなんですね。

8月に入ってから9個目の台風、21号が発生しています。
進路はまだ発表されていませんが、とても勢力の強い台風になる可能性が大きいと聞いています。
皆さま、気を付けてくださいね。

介護予防センター9月の予定をお知らせします。
庄本ふれあい介護予防教室   庄本シルバーパワーアップ教室
高川ふれあい介護予防教室       高川シルバーパワーアップ教室

ゴムを使って足の運動です。

ゴムを使って足の運動です。

まだまだ暑い日が続くようですが、熱中症に気を付けて、水分を取るようにしてください。
ぜひ、介護予防センターへお越しくださいね。
皆さまに会えるのを、スタッフ一同楽しみにお待ちしています。

 

松原市社会福祉協議会へ行ってきました。

こんにちは、福祉サービス課の大島です。

日中は夏と変わらないような暑い日もありますが、日が落ちるのも随分早くなってきました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
まだ、暑い日が続きますので、熱中症などには気を付けてくださいね。

8月27日(月)、松原市社会福祉協議会「視察」へ行ってきました。

とても良いお天気に恵まれ、まさに「視察日和」となりました。

松原市の紹介を少しだけさせてください。
松原市は大阪府のほぼ中央に位置し、大阪市や堺市、羽曳野市、藤井寺市に隣接しています。面積は16.66平方キロメートルあり、ほとんどが平坦地となっています。
人口は約12万5000人の住宅都市です。

松原市社会福祉協議会のリーフレット、情報紙です。

松原市社会福祉協議会のリーフレット、情報紙です。

松原市社会福祉協議会は豊中市社会福祉協議会同様、介護事業(居宅介護支援事業(ケアマネジャー)と訪問介護事業(ホームヘルパー))を運営されています。
お互いに同じ職種がグループになり、それぞれの状況についての情報交換をおこなうことができました。
同じ事業でもそれぞれの運営方法の違いがあることがわかり、お互いが抱える課題や見習うべき事柄がたくさん出てきました。
とても有意義な交流の場になりました。
この視察で得たことを今後の運営に取り入れていきたいと、職員一同考えています。

松原市社会福祉協議会との交流風景です。

松原市社会福祉協議会との交流風景です。

 

松原市社会福祉協議会の皆さま、ありがとうございました。

 

防災について パート2

こんにちは、訪問看護ステーションの平尾です。
前回に引き続いて防災について書きたいと思います。

自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。
非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ちだせるようにしておきましょう。

~非常用持ち出しバッグの内容の例(人数分用意しましょう)~
・飲料水 ・食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
・貴重品(貯金通帳、印鑑、現金、健康保険証など) ・ヘルメット ・防災ずきん
・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など) ・マスク ・軍手
・懐中電灯 ・衣類 ・下着 ・毛布、タオル ・携帯ラジオ、予備電池
・携帯電話の充電器 ・使い捨てカイロ ・ウエットティッシュ ・洗面用具
・携帯トイレ  など
<要介護者がいる場合(疾病・高齢・障害など)>
・持病の薬・お薬手帳 ・入れ歯(保管ケースなど含む) ・補聴器
・疾病症状に合う非常食(アレルギーに対応する非常食・レトルト粥・トロミ剤など)
・筆談用具・文字盤など ・症状に合う医療機器や機材・介護用品
・障害者手帳・介護保険被保険者証・医療証など
<乳児がいる場合>
・乳児用ミルク・離乳食 ・哺乳瓶・スプーン ・紙オムツ ・おしりふき
・バスタオル ・おんぶ・だっこ紐  ・おもちゃ(音のしないもの)
・授乳ケープ(ストールで代用可) ・母子手帳
<女性の場合>
・生理用品(おりものシート) ・防犯ブザー ・髪をくくるゴム
<電気が必要な医療機器(人工呼吸器・たん吸引器など)を使用している場合>
・外部バッテリー ・自家発電機(カセットボンベも) ・カーインバーター
・足踏み式吸引器・手動式吸引器など、電気を使わない吸引器
・バッグバルブマスク
~ご家族同士の安否確認方法を決めておきましょう~
・災害用伝言ダイヤル
局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。

*いざ災害が起きた時にあわてずに避難するためにも、お住まいの自治体のホームページなどで防災マップやハザードマップを入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておきましょう。

*大規模災害の際、地域の助け合いが大きな力となりますので日頃から近所づきあいを大切にしておきましょう。

平和への「祈り」と「願い」

こんにちは、デイサービスセンターふれあい高川の伊藤です。
終戦記念日の本日、平和祈念の挨拶を利用者の皆様にさせていただきました。

(ご挨拶)
昭和20年8月15日。わが国は終戦を迎えました。
都市部のほとんどが焼け野原となり、人々は家もなく、食べるものもなく、
生きる望みすら失ったとお聞きしています。

ヒロシマ・ナガサキに投下された原爆は、多くの尊い命を一瞬にして奪いさり、
今でも深い傷跡を残しています。

73年の歳月が流れ、日本は世界で最も豊かで平和な国となりました。
今では、国民のほとんどが戦争を知らない世代になり、
戦争は、はるか昔のこととして忘れ去られようとしています。

しかし、この平和は、利用者の皆さんの世代がつらく、凄惨な戦争に耐え、
その後の復興に、
血のにじむような努力をされてきたことの上に成り立っていることを、
私達の世代は決して忘れてはいけません。

青い空、緑の木々、人々の笑顔、この幸せを再び失ってはけません。

終戦記念日である今日、戦争で亡くなられた方のご冥福を祈ると共に、
今なお、世界の各地で繰りひろげられる争いの1日も早い平和的解決を願います。

平成30年8月15日
デイサービスセンターふれあい高川
センター長  伊藤 雄

当日はご利用者、職員で黙祷を行いました。いつも賑やかな室内は、静謐な空気に包まれ、みな思いを込めて祈りをささげました。

復興プロジェクトチャリティコンサートに行ってきました。

こんにちは、ヘルパーの山本です。

先月7月29日(日)に、豊中市立アクア文化ホールで行われた東北・石巻・女川町復興プロジェクトチャリティコンサートひまわり復興音楽祭」を見に行ってきました。

友人がコーラスで参加すると言うので軽い気持ちで見に行ったのですが、女川町を襲った津波の映像が流れ、久しぶりに見た光景はとても胸を苦しくさせました。

image3

続いてのコンサートでは、友人が参加しているグループ“アンサンブル・ティエラ”をはじめ、たくさんのグループや多くのゲストの方が復興に思いを寄せた素敵な歌声を聞かせてくださいました。
「支援の輪は確実に広がっているんだ」と実感しました。

今年も各地で自然災害に見舞われ、甚大な被害によって大切なものを失った方々がたくさんおられます。
被害を受けることなく暮せている私たちこそが、東日本大震災を含めて記憶を風化させることなく、支援を続けていければと改めて思わされる機会でした。

残暑厳しいですが、お体に気を付けてくださいね。

コングラチュレーション!

1,000人、1,000㎞、1,000㎏、1,000日、1,000万円、千羽鶴、千手観音など・・・・・
1,000という数字は何か大きな区切り、節目を感じさせますよね。

こんにちは、デイサービスセンターふれあい高川の伊藤です。
7/28(金)、当センターにおいて1,000にまつわる大きな出来事がありました!
市内の高齢者施設などで、ウクレレ漫談やピアノの弾き語りを披露してくれているジョージ平野さんが、公演通算1,000回を達成されました!!!

テンガロンハットとアロハシャツがトレードマークのジョージ平野さん

テンガロンハットとアロハシャツがトレードマークのジョージ平野さん

当日の公演用に素敵なお祝い用ボードを作成しました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1,000回という節目の公演にも気負わず、いつもの軽妙な語り口でご利用者の皆様を引き込みます!
もう、名人芸!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

味わい深いピアノ演奏も魅力の一つです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当日は、豊中市議会議員の出口さん、三藤さんもお祝いに駆けつけてくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

感謝と敬意をこめた賞状とお花を贈呈させていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後はご利用者の皆様と職員で歌のプレゼント「ふるさと」を合唱。
突然のサプライズにジョージさんの目には涙があふれるという、感動のフィナーレ!

ジョージさん、本当におめでとうございます。
これからもお身体に気を付けて、「笑いと元気」を届けてくださいね!

♡介護予防センター8月の予定です♡

こんにちは、福祉サービス課の大島です。

いつの間にかセミの声がたくさん聞こえるようになりました。
毎日テレビからは、熱さに関するニュースが流れていますが、熱中症や脱水症状には十分お気を付けください。

先日、台風12号が近畿地方を通過していきました。
暴風警報や土砂災害警報が出されましたが、みなさんのお住まいは大丈夫だったでしょうか。
被害にあわれたみなさまの1日も早い復旧・復興をお祈り申しあげます。

たくさんの方に「ふれあい介護予防教室」へご参加いただいています。

たくさんの方に「ふれあい介護予防教室」へご参加いただいています。

介護予防センター8月の予定をお知らせします。

庄本ふれあい介護予防教室   庄本シルバーパワーアップ教室
高川ふれあい介護予防教室   高川シルバーパワーアップ教室

介護予防センターで開催されている教室をみなさまと一緒に作っていきたいと 思っています。
みなさまからのご意見、やりたい事等がありましたら、ぜひ教えてください。
スタッフ全員でお待ちしています。

防災訓練をしました

こんにちは、庄本介護予防センター 寺野です。

7月23日、庄本介護予防センターでは、火災の予防と火災発生時に備えての防災訓練を行いました。

午後1時45分、1階より出火した想定で、2階のデイサービスの利用者の方に、非常階段から1階へ避難していただきました。
みなさん速やかに避難しておられました。これから避難します

 

また、併設の老人憩いの家職員も参加して、消火器を使っての消火訓練を行いました。消火訓練中

炎天下での消火訓練は参加者の方が燃えてしまいそうだったので、地下駐車場での訓練となりました。
それでも十分暑かったのですが‥
水消火器を豊中市南消防署からお借りしまして、赤いコーンを火事に見立てて、確実に消火するよう、火元に向かって噴射。
なかなかの手際の良さでした。

建物内の消火設備、消火栓と泡消火設備の使い方もチェック。
119番通報の方法も確認できました。

消火栓説明中

火事はいつ起こるかわかりません。
落ち着いて行動できるようこれからも定期的に訓練をしていきます。

IMG_5689

 

*** 余談 ***
お借りした水消火器を、消防署に返しに伺いましたときに、消防署員さんと熱中症の話になりました。
近頃の暑さで熱中症になる方が増えているとのこと。
救急車の要請も多く、大変な状況のようです。
熱中症は100%予防ができる病気です。
こまめな水分補給と温度・湿度の管理をしっかりすれば予防できます。
きっちり予防して酷暑を乗り切りましょう。

防災について パート1

こんにちは、訪問看護ステーション看護師の平尾です。

6月18日の大阪府北部地震に加え、今回、大雨による豪雨災害が発生しました。
被災された皆様、またご家族の皆様に対して、謹んでお見舞い申しあげます。

災害はいつ起こるかわかりません。
日頃の準備や意識の高さがいざという時の判断を分けます。
いま一度、身の回りの防災対策を見直してみましょう。

20121221_159591

~家具の置き方を工夫しましょう~
・家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう。
・寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。置く場合はなるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう。
・手の届くところに、懐中電灯やスリッパ・ホイッスルを備えておきましょう。
<家具の固定の仕方>
タンス:床側をストッパーなどで固定し、天井側はポール式器具で固定する
食器棚:L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、開き戸には開かないように留め金をつける
本棚:L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、重い本は下の段に
テレビ:粘着マットを敷いて転倒を防ぐとともに、機器の裏側をワイヤーなどで壁やテレビボードに固定する
冷蔵庫:裏側をワイヤーなどで壁に固定する
窓ガラス:強化ガラスに替えたり、飛散防止フィルムを張ったりする
  
~食料・飲料などの準備をしましょう~
*食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
・飲料水:3日分(1人1日3リットルが目安)
・非常食:3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、 乾パンなど
・トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなど
*ローリングストック法
日常の生活の中で普段使う食材を使いながら、無くなる前の食材を買い足しする事で常に一定の量を保管する方法です。
非常食は未使用のままで置いていると賞味期限が過ぎたりと忘れがちになりますが、この方法であれば、食材を無駄にすることなく非常時に備えていくおく事ができます。
毎日の食事にローリングストック法を上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

次回は非常用持ち出しバッグの準備などについてお知らせしたいと思います。

コミュニティカレッジ

こんにちは、高川介護予防センターの下木原です。

地域のシニア世代の方が、ご自身の特技や技能を活かした講座を開催する場、コミュニティカレッジ
自身の社会参加を促し、「人に必要とされる」役割を創出することで生きがいのある生活送っていただくことを目的としています。

講師のひとり、TOMOKOさん。

002

毎月第2水曜日の13時~14時30分、折り紙講座を開催。
毎回、熱心な受講生が参加し、和やかな雰囲気のなか、ハイレベルな折り紙に挑戦しています!

001

みんなで「あ~でもない、こ~でもない」と言いながら、真剣な表情で取り組んでいます。
指先を動かすことは、脳の活性にピッタリ!

高川介護予防センターでは、講座講師をしてくれる豊中市在住のシニアの皆様を大募集!

書道や絵手紙、詩吟や外国語など・・・ 興味を持っていただけた方は是非ご連絡ください!

高川介護予防センター  ☎06-6335-0668   担当:しもきはら

 

毎日暑い日が続いています。
水分をしっかり摂って、熱中症にならないよう気をつけてお過ごしくださいね。