ヘルパー栗島の「夏の思い出」

こんにちは、中豊島介護サービスセンターの栗島です。
みなさま、暑い日が続いていていますが、いかがお過ごしですか?
今回は私が今年一番汗をかいた、「夏の思い出」を紹介させていただきます。

去る7月27日(土)、事業所近隣の中豊島小学校で開催された、

「中豊島夏祭り」

に、参加させていただきました。

私たちは、フランクフルトのお店をまかせていただきました。

いつでもこ~い!

いつでもこ~い!

フランクフルトを一度お湯でボイルします。

フランクフルトの入浴中!

フランクフルトの入浴中!

ボイル後、ホットプレートで焼きま~す。

じゅ~じゅ~。おいしくな~れっ。

じゅ~じゅ~。おいしくな~れっ。

お祭り当初は余裕の表情ですが、あっという間に長蛇の列。
様子を見に来てくださった、在宅福祉室の森室長も「お客様を待たせてはいけない!」と、 売り子としてお手伝い。

労働力として奮闘中!

売り子として大活躍の森室長(左)

結果、当初予定のフランクフルト700本を、どの屋台よりも早く完売!

心配していた雨も止んで、大盛況の「中豊島祭り」でした。
盆踊りにも参加させていただき、地域の方々ともたくさん交流でき、とても楽しい夏の思い出となりました。

 

ケアプランセンターほほえみです

ケアプランセンターほほえみ 田中です。

蒸し蒸しした日が続いておりますが、みなさま体調管理は大丈夫でしょうか?知らず知らずのうちに汗をかき、脱水をおこす可能性が高い時期となっておりますので、こまめの水分補給を忘れずにしてください。

さて今日は、田中が担当しております、吉田様について、フェースタオルを利用した、食事用のエプロンを手作りされておられます。刺繍もされて、とてもかわいいエプロンで、ご友人にプレゼントするととても喜んでもらっているとのこと。みなさまのお役に立てればと、快く作り方を教えていただきました。

CIMG2337

 

 

 

 

 

 

 

 

(材料)①厚めのフェースタオル②大きめのスナップボタン3組③ゴムひも(幅2.5センチ、長さ50センチ程度④飾り用のレース(無くても良い)

(作り方)①タオルを縦に置く ②裾をポケットの深さに折り返す ③ポケットの口にレースを縫い付ける(無くても良い) ④ポケットの口にスナップボタンをつける(両端と真ん中の3か所)(ポケットにつける素材をスナップボタンにしたのは、こぼした食べ物をポケットで受け、洗濯の時は、スナップボタンの方が外しやすく捨てやすい。また、干す時に重なる部分がないので乾きやすい。スナップボタンの代わりにマジックテープだと、タオル地が絡むため不向き)

CIMG2373

 

 

 

 

 

⑤長さを決めてタオルの上を折る ⑥両端を三角に縫う

CIMG2372

 

 

 

 

 

⑥両端にゴムひもを裏につける(首の後ろで紐を結ぶのは大変なのゴムひもが良いと思います)

CIMG2333

 

 

 

 

 

 

 

「カラフルなフェースタオルなら、充分おしゃれなエプロンになると思います。」と吉田様から コメントをいただきました。よろしければみなさまも試してみてください。

 

ケアプランセンター ほほえみです

ケアプランセンターほほえみの石谷です

6月17日(月)ひとり暮らし老人の会「青空会」の食事会で、「介護保険における施設選び」というテーマでふれあい出前講座を行いました。

施設の種類や、介護保険で入所出来る施設等について説明させて頂きました。

CIMG2365

 

 

 

 

 

 

特別養護老人ホーム(原則要介護3~5の人)→常時介護が必要で居宅での生活が困難な人に対して食事、入浴、排せつ等の日常生活上の支援や機能訓練を行う施設。

老人保健施設(要介護1~5の人)→状態が安定している人が在宅復帰できるように医学的な管理のもとでリハビリを中心とした施設。

グループホーム(要支援2~)→医師より認知症の診断を受けており、施設の所在地の市町村に住民票がある(環境の変化に対応できない等の理由)

等について説明させて頂きましたが、みなさん一番気になっておられたのは、利用料金についてでした。施設によって差があるため、費用内容については予めしっかり説明を受ける必要があります。

CIMG2367

 

 

 

 

 

 

また、ひとり暮らし老人の会の食事会を楽しみにしておられ、たくさんの方々の笑顔や会話しておられる姿を見て微笑ましく感じました。笑うこと、食べること、話すことの大切さを実感したひとときでした。「集う」ってよいことですね。

ヘルパーステーション リレートーク【第1回】

こんにちは、訪問介護グループの中元です。
今回より、「リレートーク」と題して、訪問介護グループの個性豊かなスタッフに、仕事のやりがいや、思いなどを語っていただき、スタッフの素顔、訪問介護の仕事の魅力に迫りたいと思います。

栄えある第1回は、若手のホープ、神田ヘルパーです!

中元インタビュアー(以下、イ): 神田ヘルパー、よろしくお願いします。
神田ヘルパー(以下、神): よろしくお願いします。

IMG_0830

 

 

 

 

 

 

イ: ヘルパーの仕事を始めて何年ですか?
神: 2年です。まだまだ、不慣れではありますが、ご利用者から感謝の言葉を聞くととても嬉しくなります。

イ: 仕事を始めたきっかけは?
神: 母が祖母の介護をしていたのがきっかけで興味をもち、資格を取りました。

イ: 仕事で嬉しかったことは?
神: ご用者からの「ありがとう」の言葉です。ご利用者がこれまでできなかった事が少しずつできるようになるのを見ると、とても嬉しいです。

IMG_0825

 

 

 

 

 

 

イ: 仕事で大変なことはありますか?
神: 各ご家庭でのルールがありますので、最初は覚えるのが大変でしたが、慣れるとそうでもないですよ。

イ: 大変なお仕事ですが、気分転換の方法があれば教えてください。
神: スポーツ観戦や音楽鑑賞。インターネットで調べて、美味しそうなご飯屋さんに行くことです。

イ: 今後、どのようなヘルパーを目指したいですか?
神: ご利用者の心に寄り添い、日々の変化に気が付けるヘルパーになりたいです。何よりも、ご利用者が笑顔で生活できるようにお手伝いしたいです。

イ: 最後に、これからヘルパーの仕事をしようと考えているみなさんへメッセージをお願いします。
神: 私達ヘルパーが関わることで、その方の生活だけでなく、心のケアもでき、安心して暮らせるお手伝いができるので、やりがいは大きいです。ご利用者からの感謝の言葉はとても力になります。是非、一緒にお仕事をしましょう!

IMG_0820

 

 

 

 

 

 

イ: これからも頑張ってください。神田さん、ありがとうございました。
神: ありがとうございました。

IMG_0832

 

 

 

 

 

 

先輩たちに積極的に相談し、謙虚に学ぶ姿勢が素晴らしい神田ヘルパー。これからも、素敵な笑顔で、ご利用者のみなさまを元気にしてあげてほしいと思います。

以上、第1回リレートークでした。次回もお楽しみに!

 

 

ケアプランセンターほほえみです

ケアプランセンターほほえみです。

ケアマネジャーの私たちは、みなさまに笑顔を届けられるよう、毎日、自転車、バイクに乗り日々走りまわっております。

さて、平成30年6月18日に大阪府北部地震があった日です。阪神・淡路大震災を思い出し、怖い思いをされた方も多いかと思います。

介護サービス部門では、順次それぞれのステーションで災害支援訓練を行っております。ほほえみ桜井谷は、平成31年2月2日土曜日、訪問看護ステーションと一緒に行いました。中豊島のほほえみは、平成31年2月18日月曜日に、ヘルパーステーションと一緒に行いました。

IMG_0634

 

 

 

 

 

IMG_0641

 

 

 

 

 

 

「震度5、停電なし、電話は通じる、道路は車走行可能」と想定し、ケアマネ職員は、①各担当利用者に電話にて安否確認 ②独居等で安否確認の連絡が取れない人を想定し、ケアマネ二人一組の訪問班、引き続き電話で安否確認班と仕事を分担。実践さながらに訓練を行いました。訓練後も課題について、みなさまの安全や不安を少しでも早く取り除けるよう、ケアマネジャーとヘルパー合同で話し合いました。大阪府北部地震・災害支援訓練の経験を活かせるよう、今年度も訓練を続けてまいります。

よろしくお願いします!

こんにちは、ヘルパーステーションの三原です。
今回は、4月にヘルパーステーションに赴任してこられたお二人に、自己紹介をしていただきます!

IMG_0814

 

 

 

 

 

このたび、ヘルパーステーションの管理者として赴任しました伊藤です。
早2ヶ月が経ちましたが、デイサービスの勤務が長く、不慣れで右往左往する私を、経験豊富なヘルパーの皆さんが温かくサポートしてくださり本当に心強く思います。
訪問介護の仕事は、ご利用者のお宅に訪問して介護サービスを提供することから、より個別性の高い、オーダーメードのケアが必要であることを日々感じます。
お一人おひとりが、かけがえのない人生を営み、多くの時間を過ごしたそのご自宅で、安心して暮らし続けることができるよう、ヘルパーの皆さんと力を合わせて事業運営をしていきたいと思います。
また、暑い日も寒い日も、ご利用者のお宅へ向かうヘルパーの皆さんの活躍が、地域包括ケアシステムのなかで重要な役割を果たしていることを、広く市民のみなさまに知っていただき、ヘルパーの仕事の魅力を次世代の介護を担う若い人たちに発信していきたいと考えています。
 これからも、豊中市社会福祉協議会ヘルパーステーションをどうぞよろしくお願いします!

 

IMG_0813

 

 

 

 

 

このたび、ヘルパーステーションへ赴任しました酒井京子と申します。
幼稚園教諭、保育士を経て、デイサービスの生活相談員として22年、介護の仕事に携わってきました。
私生活では一男一女の母として、日々仕事と家庭の両立に奮闘しています。
「豊中市社会福祉協議会のヘルパーさん来てもらいたい」と思っていただけるよう、全力で取り組んでいきたいと考えています。よろしくお願いします!

 

IMG_0817

 

二人は同期入社の名(迷)コンビ!   これからの活躍にご期待ください!

以上、三原でした!

 

 

 

 

 

ケアプランセンターほほえみです

ケアプランセンターほほえみ 楠です。6月に入り、むしむしする日が続きますね。湿度が高い日は熱中症に気を付けいないといけないそうです。トイレの回数が増えると言って、水分を控えてませんか水分補給はこまめにしてくださいね。

CIMG2360

永良部ゆり 香りも事務所内に広がっています。

利用者さまの6月の定期訪問の帰りに、お庭に咲いている永良部ゆりの花を見ていたら、利用者の奥さまが「沢山咲いているから事務所に飾り、みなさんで楽しんでください」と切ってくださいました。純白の永良部ゆりを見ていると梅雨空の鬱陶しさも忘れて、仕事がスムーズに進みそうです。事務所のみんなで楽しませていただきます!!CIMG2361ありがとうございました。